wordpressによるブログ制作~インストール編~

今回はXAMPPによってローカル環境を整備した後、そこでwordpressを使用できるようにするまでを、手順を追って説明していきたいと思います。

1.データベースの作成

まずはXAMPPを立ち上げ「Apache」と「MySQL」を起動します。次に「http://localhost」にアクセスし、左のメニューバーからphpMyAdminを選択しましょう。

phpMyAdmin

この画面のメニューからデータベースを選択します。

すると新規データベースの作成という項目が出てきますので、ここに任意のデータベース名(ex:wordpress)を入力し、プルダウンなどはデフォルトの照合順序のまま、作成をクリックします。

これでデータベースの作成は完了です。

2.パスワードの変更

続いて、MySQLのパスワードの変更をします。再度「http://localhost」にアクセスし、次は左のメニューからセキュリティを選択します。

するとそこにXAMPP セキュリティに関する一覧が表示されます。その中に下記のような一文が見られます。

MySQLユーザルートにパスワードがありません 要注意

この状態では、後にwordpressにデータベース情報を入力する際に支障をきたしますので、下記にある「http://localhost/security/xamppsecurity.php」へ行き、新しいパスワードを設定します。

MySQLのパスワード設定画面

これで下準備は終了です。

3.wordpressのダウンロード

次に、以下のリンクより最新のwordpressをダウンロードして下さい。

解凍したフォルダの中のファイルは、XAMPPをインストールしたフォルダの中にある「htdocs」内に任意のフォルダ(ex:blog)を作成し、そこに全てコピーしてください。

4.wp-config.phpの書き換え

次はwordpressの設定ファイルを書き換えます。先程解凍したファイルの中にwp-config-sample.phpというファイルがあるので、それをwp-config.phpとファイル名を書き換え、テキストエディタで開きます。

wp-config.php

この中から下記のように書き換えます。

  1. (‘DB_NAME’, ‘database_name_here’)→(‘DB_NAME’, ‘「データベースの作成で入力した名前」’)
  2. (‘DB_USER’, ‘username_here’)→define(‘DB_USER’, ‘root’)
  3. (‘DB_PASSWORD’, ‘password_here’)→(‘DB_PASSWORD’, ‘MySQLのパスワード’)

これで設定ファイルの書き換えはOKです。

5.wordpressのインストール

設定ファイルの書き換えが完了したら遂にインストールです。WEBブラウザで「http://localhost/blog/wp-admin/install.php」にアクセスします。

※上記URLの「blog」の部分は、「3.wordpressのダウンロード」で設定したフォルダ名です。

以下の画面で手順に従っていけば、そこでインストールは完了です。

wordpressのインストール画面

これでwordpressのインストールは完了です。

  

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back To The Top